協会概要 | MGKとは

協会概要-MGKとは

TOP

>

MGKとは

>

協会概要

協会概要

名称
毛髪科学技術者協会
(略称:MGK/英名:Hair Scientists Association)
所在地
〒167-0075 
東京都新宿区高田馬場
1-29-20 安念ビル7F
日本パーマネントウェーブ液工業組合内
電話
03-6380-2470
URL
https://www.mgk.gr.jp
設立
1973年(昭和48年)4月
代表幹事
小林 均司、鈴木 智博、成瀬 隆
相談役
岡野 みのる、亀ヶ森 統、上島 浩一、中谷 靖章
顧問
木嶋敬二
会員数
204名
(正会員101名、準会員14名、賛助会員62名、準賛助会員27名)
※2017年3月31日現在

沿革

1973年(S48)
4月
毛髪科学技術者協会設立(正会員44名・賛助会員21名)
特別記念講演 講師:山口敏夫衆議院議員
7月
第1回学術大会開催
「毛髪科学」誌 創刊号発行
1974年(S49)
4月
関西支部設立
1976年(S51)
5月
第1回関西学術大会開催
1983年(S58)
10月
第42回学術大会及び設立10周年記念事業
演題:「最近の界面活性剤の化粧品への応用」
講師:日本サーファクタント(株) 田端勇仁氏
1993年(H5)
10月
第77回学術大会及び創立20周年記念事業
演題:「最近の薬事行政」
講師:厚生省薬局審査課 化粧品審査室
室長 岸田修一氏
1995年(H7)
7月
第20回関西学術大会及び20周年記念事業
演題:「PL法に対するメーカーの取り組み方について」
講師:朝日中央綜合法律事務所 中島俊作氏
1998年(H10)
2月
第1回技術者基礎講座(第1クール)開催
3月
第1回関西MGK若手交流会開催
2001年(H13)
4月
第100回学術大会開催
演題:「生物学から見た発毛と脱毛」
講師:島根大学 生物資源化学部 松崎貴氏
2003年(H15)
10月
第107回学術大会及び創立30周年記念事業
演題:「ケラチン繊維の構造と染色性」
講師:京都女子大学 教授 上甲恭平氏
「最新の毛髪科学」編集、発行
(フレグランスジャーナル社)
2007年(H19)
4月
「毛髪科学」誌 第100号発行
2008年(H20)
10月
第122回学術大会・毛髪科学討論会開催
及び創立35周年記念事業
演題:「チオグリコール酸パーマのダメージと
ミックスジスルフィド基の有用性」
講師:KRA羊毛研究所 所長 新井幸三氏
2009年(H21)
9月
第1回毛髪科学技術者協会研究発表会
2011年(H23)
6月
事務所移転
2012年(H24)
9月
ケミスト&美容師合同ケミカル勉強会開催
新美容社とのコラボレーションにより、ケミストと美容師が一堂に会しイベントを開催
演題:「毛髪科学講義」
講師:KRA羊毛研究所 新井幸三氏
2013年(H25)
9月
136回学術大会及び40周年記念事業
演題:「Preemptive Medicine」~先制医療とは~
講師:ニューヨーク医師 医療法人藤志会理事長 齊藤正嗣氏
演題:日本ヘアカラー工業会 技術委員長 山口真主氏
2014年(H26)
2月
MGKシンポジウム①
「ヘアカラーの未来」 ~パネルディスカッション~
進行:千葉科学大学 辻野義雄氏
パネラー:花王、日本ロレアル、P&G、ホーユー
2015年(H27)
2月
MGKシンポジウム②
「ヘアカラーの未来Ⅱ」 ~パネルディスカッション~
温故知新・海外動向、製品開発の変還から学ぶ
進行:千葉科学大学 辻野義雄氏
パネラー:ダリヤ、日本ロレアル、P&G、ホーユー
2018年(H30)
10月
146回学術大会及び45周年記念事業
演題:「毛髪メラニン周辺組織の顕微観察」
講師:日華化学株式会社 天谷美奈子氏
演題:「界面活性剤と膜の相互作用」
講師:北陸先端科学技術大学院大学 高木昌宏氏
演題:「染色化学の基礎から応用~毛髪染色も踏まえて~」
講師:福井大学 堀照夫氏
2019年(H31)
2月
第10回毛髪科学研究発表会・特別基礎講座
【特別基礎講座】
演題:「染色現象は“自然”に起こる現象である-自然に起こるための条件と染色系を構成する成分の役割と働き
講師:椙山女学園大学 上甲恭平氏
【特別研究発表】
演題:IFSCCポスター発表部門最優秀賞 「髪の未来予測」
講師:株式会社ミルボン中央研究所 永見恵子氏